思春期の好奇心(3)

コミック

莉子と涼のSEXを覗き見したいという2バカの申し込みを、好奇心から受けてしまう涼。屋上の、しかも柵のそばでエッチしていると、誰かに見られてしまいそうで莉子は落ち着かない。しかも、すぐそばには2バカがいる。青空のもと、恥ずかし気もなく晒すオマンコの卑猥さに男子たちは大喜び。そして莉子も激しく興奮する。大声が出そうな彼女の口を、2バカの一人がフェラでふさいでしまった。ちょっと怒りながらも、今日だけと言って涼もそのプレイを楽しみだす。