バカ×クロ

コミック

生徒会長のヒバリさんは明るくてスポーツも勉強もトップクラス。ひとつだけ問題があるとすれば、すぐに手が出ること。ゆえに彼女は校内最恐として畏敬の的。書記の泉はいつもヒバリさんに振り回されてばかり。今日はヒバリさんの脚をマッサージ。胸のほうも揉みましょうかと言うと、彼女はセーラー服をまくり上げて胸を見せる。泉と二人きりになった時だけ、彼女は別人だ。そしてマッサージを頼んできたということはHをしてもいいというサインなのだ。