それはそれで素晴らしい日々

コミック

夏のある日、ゲリラ豪雨に降られてさんざんだった俺は、雨の中泣きじゃくっている美女を自分の家に誘ってしまった。モデルの卵だという彼女は、好きな人にフラれてオーディションにも落ち、最悪の状態。言葉で慰めようとしたけれど、どうやら彼女は体で自分の価値を証明してもらいたがっているようだ。俺の上にのしかかってフェラやパイズリを積極的にしてくれる。本やビデオで見たことはあったけれど、こんなに気持ちのいいものだったなんて知らなかった。