SWEET GIRL

コミック

今日はバレンタインデー。先生の家にやってきたのは、教え子の美少女、近藤。チョコを渡しにきたのではなく、作りに来たという。キッチンに立っている姿を見ると、なんと裸エプロン。どうやら同級生にいらんことを吹き込まれたらしい。それにしても、と先生は思う。前から思っていたけれどすっげーいいカラダしていると。つい生唾を飲み込む先生だが、理性を振り絞って近藤に服を着せようとする。揉み合っているうちにエプロンがはだけてとんでもないことに。