師匠とボクは 3

コミック

果たし状に書かれていた場所で待つ渚。優しかった以前の師匠に戻ってもらうために渚は決闘を挑む。合わせる拳も腕さばきもすべて今までと同じ憧れていた時のままで、もしかしたら昨日のことは嘘だったんじゃないかとも思う…。でもカラダはされたことを覚えてる。信じて突き出すこの一撃が届けば、きっと師匠は改心してくれる―――。しかし現実は無常にも渚を裏切っていくのだった。