林檎食べた?シーッ!

コミック

気が付くと、大家の娘の林檎が僕の布団の中にいる。しかも僕のチンコをドキドキしながら触っている。どうも林檎の話だと、大家である林檎のお母さんは僕を狙っているようだ。林檎は既成事実を作って僕を手に入れようとして、スカートをめくって誘惑してくる。結局流されて触ってしまう僕。パンツ越しだけど、もう最初からヌルヌル。なんと林檎はいつも僕のことを考えてオナニーしているというのだ。