しあわせ☆福男生活

コミック

今年も恒例の福男を決めるレース。午前0時の開門と同時に境内を疾走し、最初に神主に触れた者に今年の福男の称号が与えられる。詳しいことを何も知らずに参加したオレは、美少女の年神、庚を連れて家に帰ることになった。しかしこの庚、食料を食い尽くし、電化製品をツメで壊すとまるで疫病神。色っぽいお姉さんと新年早々いろんなことをしたかったオレとしては不本意きわまりない。しかし、庚は「お主を満足させるくらい造作もないぞっ」と言ってフェラを始める。その舌のざらざらした感触やテクに、ついオレは……。