セキララ*温泉

コミック

夫に先立たれてからは未亡人の私が一人で、この老舗旅館を守ってきました。でも限界。経営再建のため、このカラダ汚す覚悟を決めました。でも……ちょっと怖い。だってずっとシてないから、心では拒んでもカラダが勝手に反応してしまうかも。いやらしい中年男の愛撫にも淫らに悶えてしまう自分が怖いんです。ところが…融資の審査に訪れた信用金庫の支店長サンは意外にも若いヒト。こんなウブな男性なら私の拙い色仕掛けでもなんとかなるかも。恥を忍んで若女将みずからの女体盛り、どうぞ召し上がれ