吸血鬼のご馳走

コミック

手紙で呼び出された体育倉庫で、差出人である女生徒、世田谷まりに華麗なハイキックをお見舞いされた神崎君。彼の首筋に噛み付いたまりは吸血鬼を自称し、制服を脱いで下着姿と吸血鬼の翼をさらす。神崎君は精液なら飲ませてやると言い、まりにフェラチオをさせる。初めはぎこちない舌使いだったまりだが、神崎君の思考を読み取ると巧みな舌技を発揮して射精に導く。彼の好みを反映して胸が巨乳化した少女は、さらに童貞ペニスを女性器で咥え込むと、痴女お姉さん風に彼を責め始めて――!?