水瀬織江21歳(15)

コミック

当たり前に笑っていたのがすごく昔のことみたいで雨の中ただ、立ち尽くしていた。罪悪感に変わった彼との愛が終わる。