こだわりのある関係

コミック

おっぱいの大きいお客さんに見とれていたら、彼女のほうから「大きいおっぱいは好き?」と尋ねられた。おもわず僕は彼女になってくださいとプロポーズした…。意外にも返事はオッケー。巨大な乳と乳首を独り占めに…。