ヴァージンコントロール~高嶺の花を摘むように~【第1話】操られた女神

コミック

栄雲学園に君臨する才色兼備の生徒会長・鈴峰彩花(すずみねさいか)――。成績は常にトップクラス、所属する水泳部では全国大会出場。教師に対しても物怖じせず、毅然とした態度を貫き、下の者には分け隔てなく優しい態度で接する。そして、ひとたび街を歩けば、道行く人のすべてが振り返ってしまうほどの美貌。そんな「完璧」な彼女を、学園の男子たちは「女神」と呼び、崇拝していた。――絶対不可侵な存在――だが、そんな神聖にして犯すべからざる彼女の身に、悪魔の影が忍び寄ろうとしていた。突如、女神の前に現れた転校生・神沼利央(かみぬまりお)。彼は「超能力」と称する謎の力によって、生徒会室にいる彩花を拘束してしまう。利央がその力を解放すると、瞬く間に彩花の体に快感が走り、手を触れることなく豊かな胸が揉みし抱かれていく。「身動きが取れない…!どうなってるの?私の体は…!?」生まれて初めて込み上げるエクスタシーに困惑する女神。やがて、誰も触れたことのないその秘部がめくられ、悪魔のソレが侵食を始める……。催眠、羞恥、調教、処女喪失。帝王・クリムゾンの真髄が結晶する至高の新シリーズ、堂々始動!汚れなき女神に、悪夢は繰り返し訪れる――。