水瀬織江21歳(12)

コミック

でも…私に火を点けたのは危険な火種だった…それはとても優しくて甘い、けれど罪の香りのする味…