海辺物語

コミック

三年間付き合っていた恋人・綾子に二股を掛けられ、失恋の傷にじくじく塩を塗るように海辺でたそがれていると、スクール水着にモリを持った少女が話しかけてきた。心配してくれたらしい彼女は「気持ちが沈んだときは身体を動かす!」と海へと誘う。海の幸に恵まれ、泊まる宛てもないのだろうと自分の家へ招待してくれた少女の手料理を食べ、再び綾子のことを思い出し涙した俺に彼女は…