秘密の放課後

コミック

一斉下校の日、岡本は先生に授業の補足をお願いする。誰もいなくなった教室で、机の上で下半身をあらわにし、しゃがみこむ岡本。そこに押し入る先生の指は既に濡れていた蜜壺のおかげでとても滑らかに動く。けれどそれじゃ満足できない彼女ははやく、はやくと先生のおち○ちんをせがむ。先生の大きなお○んちんを突っ込まれて頂点を味わおうとした時、響いた物音。そこには、クラスメイトの竹内の姿が…。