あねむね

コミック

私の悩みは隣に住む裕くん。色気づいた彼は毎日部屋に来て、パイズリをお願いしてくるのです。年頃だししょうがないよね。おっぱいをイジってはさんで、最後は顔にオッパイにと大量発射。一番困るのは、自分がスッキリしたら帰っちゃう事。もう!火照った私の体、どうしてくれるの