はぐりんぐ(7)

コミック

デートの帰りに謎の黒服たちに襲われた、朱鷺と葉夏。二人は鉄格子を隔てて隣同士の檻に入れられた。もしも他の男に身を汚されそうになったら舌を噛んで死ぬという葉夏に、朱鷺はそうなっても葉夏に生きていてもらいたいと言う。今日が危険日の葉夏は、今すぐここで子作りセックスをしようと言い出した。男たちに犯されて孕まされる前に、朱鷺の子を妊娠してしまおうというのだ。下半身をむき出しにして、二人は鉄格子を間に挟み、愛し合う。