ドアをあけたら ~美少女調教~

コミック

アイドルのような美少女が私に接触してきた。彼女は早速ウチに遊びに来たいと言い出した。あまりの美少女ぶりにお茶を出す手も緊張して震えていると、応接間から悲鳴が…。兄貴がチョッカイをかけていたのだ…。兄貴の魔の手から彼女を救うとドキドキ!!これは恋かもしれないと思った…。