第四種接近遭遇

コミック

今日こそは憧れの夢里さんに告白するんだーと意気込んでいた僕。しかし夢里さんは実はとても変なコだった!宇宙人にレイプされることを夢見てあろうことか僕のことを宇宙人だと思い込み、成り行きでエッチすることに…き、気持ちいい。これが萌える小宇宙というものなのか…。