母子交尾

コミック

内田こねりは謎の漫画家だ。大阪の大資産家の息子で、本来こんなヤクザな仕事をする必要はない。父親の跡を継いで社長就任を周囲に乞われながら、キッパリ拒否したのだと。‘変人’内田が今一番力を注ぐのが、母子相姦物。無論、流行りのせいもあるが、元々強い女性への憧憬はあったと。全7本収録のうち6本が母子、1本のみが実父×娘。清潔でいてどぎついエロ描写は、関西以外の読者の股間も、完璧に征服すんじゃおまへんか?