吸精鬼セラト

コミック

とある夜更け。突然、部屋に押しかけてきたゴスロリ服を着た赤髪の少女セラトは、「人間の精を摂らないと死んでしまう」とその豊満な胸で男の子を誘惑し始める。屹立した肉棒をズボンから取り出しその柔乳の中に挟んで飲み込むと、くちゅくちゅといやらしい音を立ててしごき出すセラト。上目遣いで妖艶に微笑みながら射精を誘う彼女の谷間に、少年は大量の白濁液を……。