宵闇帳のティッツヴァニア

コミック

吸血鬼によって治められている領地へ生贄としてやってきた少女・ラッケ。城主であるブラドは胸の大きい女性を生贄に求める事からいつしか「ティッツヴァニア城」と蔑まれている。お付きの女吸血鬼との搾乳プレイを楽しんでいたところにやってきたラッケに母乳が出る牙で噛み付き、びゅるびゅると母乳を噴出させる。何時間も搾乳を楽しんだあとは豊満な胸でパイズリしてもらい、行為に及ぶ…。爆乳+肉質派作家・まつもとかつや先生本誌初登場!ムチプリ褐色少女と少年吸血鬼の不思議な生活が幕を開ける!