蜻蛉雫

コミック

テニス部の優莉には、「嗅ぐと落ち着く匂い」というのがあった。それは別棟の換気扇からの匂いで、正体は不明。そこを通りかかった鈴木は、この匂いの正体を教えてくれるという。彼女が鈴木に連れてゆかれたのは、男子トイレ。そこで彼女は、自分が好きだったのは精液の匂いだったことを知る。驚く彼女を鈴木は押さえつけて、男たちを呼ぶ。顔射されて精液が口にはいると、彼女の体が勝手に動く。「精液浴びて腰振るってどんだけ変態なんだよ」と言われても、明確に反論できぬまま、何人もの男に犯される。