放課後奴隷倶楽部+1

コミック

あたしは水泳部の後輩に頼まれて、連休明けから学校に来ていない五月病のユーレイ部員の様子を見に行くことにした。見舞いと称して渡された謎の包みと共に……。包みの中は競泳水着。後輩は、「もしここで水着を股間にくいこませる先パイの姿を見れたらつらい時でも乗りこえられる」とか調子のいいことを言う。言うとおりにしてあげると、次は「もし先パイにくわえてもらえたら」と要求がエスカレート。結局本番もアナルもさせてしまって……。