恋人ごっこ

コミック

余命いくばくもない麻理。せめて女としての喜びを知って欲しい、抱いてやって欲しいと彼女の母は願った。病と闘いながらも柔らかな笑顔を向ける彼女を見て僕は思う。大丈夫、君はちゃんと女として生まれてきたんだ。赤ちゃんだって産めるんだよ、と。