雨の日はそばにいて

コミック

バスで乗り合わせる凛とした彼女をいつも目で追っていた。雷雨の日、道が塞がり車掌が降りてしまった。二人だけの車内で気まずい雰囲気の中、近くに雷が落ち…