彼女ふるさと便

コミック

レトロな愛とエロスの伝道師・白石なぎさの抒情エロス。受験の為に故郷を離れ、男子寮で孤独な受験生生活をしていた俺の処に、○校時代の恋人千尋が妹と偽って訪ねてきた。突然の訪問にうろたえ涙してしまう俺だったが、キスをした刹那、○校時代の甘い懐かしい空気感が蘇り、むさぼるように千尋の体を求めてしまうのだった。全ての行為が終わり、千尋を駅におくる俺には新しい街の光が見えてきたのだった。