ドナドナ (1)

コミック

学校に隣接するボロアパート、こここそが圭介の聖域だ。校庭で戯れる少女たちを見て、どんなマンコをしているのかと想像するのが唯一の生きがい。そんな彼を父親は犯罪者と罵る。そして父が連れてきた圭介の結婚相手は、二十代の外国人だというがどう見ても日本の少女で年を大幅にごまかしている。まあいい、まずはセックスだ。夫のチンポを清潔に保つのは妻の務めだと言ってフェラをさせる。