夜伽神話絵巻

コミック

ある村には豊穣の女神に精通を迎えたばかりの少年たちの精を捧げる風習があった。ある祭りの夜、御寝所へとあがった少年たちを迎えたのは、黒髪が美しいお姉さん風の女神、埜重だった。新たな子を孕むために埜重は、年端もいかない童貞の少年たちのペニスを口や手を使って扱き始める。そして、大量の精液を全身に浴び愉悦の表情を浮かべた女神は、そのまま淫猥な膣内へと童貞ペニスを誘うのだが、初めてアナルへと挿入されてしまい……。