M的-藤崎万理恵の場合-

コミック

ささいなことで万理恵とケンカしてしまった秀一は、万理恵の妹の果燐に相談する。果燐のアドバイスどおりにロープを持って万理恵のご機嫌伺いをする秀一。縛れば喜ぶと安直に思われているのに不満をこぼしながらも、もう秀一の牝である以上、断れないと万理恵は顔を赤らめる。縛りがキツければキツいほど万理恵は喜悦の声を上げ、乳首を堅くとがらせる。おっぱいを虐められているところを鏡に映されると、その羞恥ゆえに快楽は増幅する。