イマコさんと薬物学II

コミック

図書準備室でタツキと2人きりになるイマコさん。タツキから例のクスリを飲まされて、気持ちいいコトしか考えられなくなってしまう。目の前にあるのはタツキの生のおち○ちん。頭では拒絶しても、体が、おま○こが熱いモノを求めて…。