LuckyGray

コミック

愛瀬には、たったひとつ気にしていることがあった。それは愛瀬の方が彼氏の陳平よりも頭ひとつ背が高いことだった。愛瀬のおじいちゃんは、そんな愛瀬の悩みを解決するべく新しいアイテムを発明した。それは体を小さくする腕輪だった。