愛ちゃん暴走する

コミック

うちの兄が引きこもりになってから5年が過ぎた。私は兄の顔すら覚えていない。お父さんもお母さんももう、お兄ちゃんの世話をするのが疲れたと言ってきた。というわけで私にバトンタッチ!?…しかたない。引き受けてみよう。そして引き受けたからには尽くして尽くしてつくしまくってやる!!!!ある日、部屋の前に置いておいた食事に返事の手紙が一言「ありがとう」…!!すっごい萌えた。また、兄宛のエログッズの通販の荷物を私が開けてしまい、兄にばれてガビョウが仕掛けられていたときも、最後に一言手紙が「やりすぎた ごめん…」…!!!ああ、私、お兄ちゃんのこと大好きだ!!!!一方通行だけど。。