たんぽぽの卵 最終話-ここより始まる-

コミック

嬲り殺してもいいと噂される少女がいる。それは普通に男の相手をするのとは桁違いの見返りがあるのだとも。そういう少女が一人、瀕死の状態でホテルから連れ出された。少女の意識は他の少女の救いを求める叫びに呼応して、宙をさまよう。この国の隅々にまで、犯され、悲鳴をあげる声が響いている。少女は思い出す、○い日のことを。やんごとなき御方の前でこの役目を拝領した、あの日。名前を持たぬ少女は、この国の贄となって男の猛りを鎮める者となったのだ。