催淫教師-教えられたのは私の方-

コミック

熟れた身体をスーツに押し込めた凛々しい女教師は、英語の補習を受ける男子生徒から漂うある香りに気付く。身体が火照るような奇妙な感覚を覚えた女教師は催眠に堕ち、男子生徒の言う通りに「問題が解けたご褒美」としてパイズリフェラ奉仕を始めてしまう。エスカレートする催眠暗示によって常識を侵された彼女は、自らを「痴情に狂う淫乱な女教師」だと誤認させられ、生徒のペニスをねだり膣奥に精液を求める浅ましい痴態を晒していく……。