太陽と夕立ち

コミック

夕立の日にだけ彼女は家へやってきた。運動部の彼女は夏にはこんがりと小麦色に肌を焼き、パソコンに向かって仕事ばかりしている、僕の白い腕を見ては笑った。そんな彼女に僕はいつしか恋心を抱くようになっていて…。