VANISHING POINT―one day―

コミック

童顔で背も低いが胸や尻は豊か過ぎるほどアンバランスに成長していることを友人たちからからかわれる美少女、詩織。ある日、水泳の授業を抜け出した詩織は更衣室で正体不明の怪物に襲われ、肉感的な肢体を触手で嬲られながら処女を奪われ絶頂を迎える。触手が与える快楽に身も心も蕩かされてしまった詩織は、身体の疼きが抑えられなくなり自室のベッドで乳房と股間を自ら淫らに刺激する。翌日、女子便所内で触手怪物に遭遇した詩織は、発情しっぱなしの肉体を自ら捧げ積極的に触手を迎え入れる――。