先輩がドMだったなんて

コミック

会社の朝香先輩がドMだったなんて!満員電車で揺られ、ボクは朝香先輩とぶつかってしまった。朝香先輩のスカートの中が見えたと思いきや、先輩はノーパンだった。彼女はどうしようもない変態女なのか……そう思ったボクはそのまま朝香先輩の大きくて柔らかそうなおっぱいを揉んだ。せ、先輩が感じてる?先輩の濡れているアソコにボクは限界までガチガチの雄々しきモノを挿入する…。まわりにバレたらどうしよう?ボクは緊張しながらも興奮して、夢中で腰を振り始めた…『欲望という名の電車』ドキドキしながら電車でエッチする先輩後輩、姉のオナニー姿を毎夜覗き見て我慢の限界を超えた弟、人の視線にたまらなく興奮する受付嬢……キモチいい時間とドMな女子はどこでも見つかるのです。