全日本バレーボーラールンペンSEX【その前】

コミック

バレーボール全日本代表に選ばれるほどの実力を持つ、天才少女・一ノ瀬理沙。常に注目を浴び続けている彼女は、プレッシャーに押し潰されそうになると、一人河原へと足を運ぶ。そこで自身のことを知らないであろう、ホームレスを相手に――「もっとケツ穴 グリグリしてェん!!」身体を開き、奉仕する――!!そんな肉欲全開の彼女が初めて関係を持った相手は、母親の後輩で地域リーグの選手だった栗木拓也だった。ファンとなり応援し続けていた理沙だが、彼が引退したことでその行方が知れなくなる……。しかし運命のいたずらか、偶然見かけた●校のパンフレットに彼の姿を見つけ、無理を押し切り入学した。熱血コーチと天才バレーボーラ―、ふたりは連日の特訓を繰り返すうちに、男女の関係となっていく……「先生…先生… 拓也さん…あたしの拓也様ッ――!! 好きッ!!」そしてついに一線を越えた二人は、他に誰もいない夜の体育館で身体を重ねる――!!天才バレーボール少女の、初体験を描いた外伝!! スポーツ少女の肉感セックス!!