社畜女子株式会社【最終話】欲望の彼方

コミック

ついに始動してしまった洗脳装置によって、男達が命じるまま、従順に快楽を貪るようになってしまった新入女子社員達。無理矢理に蜜壺をほじられながらも嬌声をあげ、さらに求めていく――!「はひィっ…気持ちいいれすゥっ!もっとしてくださひィっ…」そんな絶望的な状況に辿り着いた優木――。守りたいモノを失ってしまった、間に合わなかったことに打ちひしがれ、希望を失った彼が起こした行動とは!?「こんな会社 もうどうなってもいいんだッ!!」優木の反撃に、逃げ惑う先輩社員たち。洗脳され、記憶を失ってしまった彼女たちと取り残された優木は、最後の瞬間まで彼女たちのためにと、求められるがままとなる。「早くゥっしよォよォっ!もう欲しくてこんなに…グチョグチョになってるのォっ」三人がかりで責め立てられながらも、その願いに応える優木。艶やかな唇を貪り、はちきれんばかりの巨乳を揉みしだき、蜜が滴る花弁をほじる――!彼女たちの欲望はとどまることを知らず、さらなる悦楽を求める。優木とOLたちの運命は……!? 物語はついに終局へ――。