ユダンタイテキ

コミック

二週間の夫の出張中、義弟の明君が家に来た。そして、私は明君に犯された。こんなのはイヤなはずなのに、私のアソコは音を立てて彼のチンポをしゃぶっている。毎日が彼とのSEX漬け。彼の欲望の赴くまま、私は外出することも許されず犯され続けた。なぜ、私は逆らうことができないのだろう。写真を撮られているから?いいえ、違う。何かもっと別の答が私の中にある。私はずっと声を殺して我慢している。だって気を許したら取り返しのつかないことになりそうだから。