トパとジル-アマゾネス・キッド-

コミック

海賊船ネフレイトは食料調達のため、名もない無人島に立ち寄っていた。そしてそこでキノコの群生を発見。これだけあればたくさん料理ができるー!と喜んでみたものの、実はこれは罠であった。ドクロタケというキノコをご存じだろうか。動物の体液をすって育つ群生キノコなのだが、あらいい香り…なんて誘われるがままになっていると、いつの間にか体中の体液を吸い取られあっという間にミイラになってしまうのだ。そんなキノコトラップに引っかかってしまった乗組員の少女はキノコに穴という穴を蹂躙されその快楽に身悶えるのであった。