セレブラムの柩(4)

コミック

蓋を開ける度に、中の彫像が天使か悪魔の姿に変わる「セレブラムの柩」。時の奇王ラザロは、それを使ったゲームに捕虜を参加させていた。敗戦国のメイド・グルーデは、ゲームで見せた鋭い洞察力と冷徹さを買われ、ラザロの側室に迎えられる。ある日、ラザロは彼女に対戦を持ちかける。勝負はラザロの勝利に終わり、グルーデは自らの処女を王に捧げるのだった。その直後、グルーデは不可思議な情景に囚われ、少年の頃の王と、「姫」と呼ばれる女を目の当たりにする──。