あたし達の実体験エッチ告白~沙姫の場合~

コミック

沙姫は思い悩んでいた。落ち着いて安心できる彼に好意を寄せるも、カラダの欲求は満たされなかったからだ。次第に募る彼への失望とアソコの疼き。すると、1年前に別れた男のあの身体が内側から溶けそうになるセックスを思い出してしまう。「私…みっともないぐらいにセックスがしたかったの!!」