白昼のアバンチュール

コミック

夫は理想的な男性だと思う。優しくて、社会的な地位もあって、文句のつけどころが無い。だけど、ただ優しいだけのセックスには満足ができない。くだらない、どうでもいいような男とのセックスにしか感じれない私は……。