insomnia

コミック

俺に彼女ができたことを知って以来、姉が夜毎フェラチオしにくるようになった。しばらくは知らんふりしてされるがままにしておいたのだが、ついにある夜、我慢できなくなって迫ってしまった。姉も濡れまくり、素晴らしいセックスになった。最初から俺も姉を嫌いではなかったので翌日、つきあっていた彼女をふってしまった。ところが、その日から姉は俺の部屋に夜くることがなくなった。…なんだか割り切れない気持ちで眠れない夜をすごしている。