童貞の御馳走(ディナー)

コミック

安い金で筆おろしできると友人に誘われ、ボクはその女の家に行った。しかし、ボクはうまく童貞を捨てることができなかった。女の家で見た娘は母親に似ず、息を呑むほど可愛らしかった。次に彼女と出会ったのは自宅の弟の部屋。彼女、琴美は弟の同級生だったのだ。母親のやっていることを内緒にするという約束で、彼女を相手に童貞を捨てる。そのチャンスは意外と早くやってきた。