らぶいずぶらいんど

コミック

のぞみが放課後の街角で出会った男は目の見えないオジサン、タケルだった。子供扱いされたくないのぞみは自分を福祉大の学生だと偽る。タケルの家に入り浸るうちに、のぞみはタケルと恋人同士になる。もちろん「大人同士」ということになっているので、セックスだってする。幸せいっぱいののぞみだったが、ある日、ドアがノックされて今まで二人が築きあげてきた世界が崩れてゆく。