パンティタイム

コミック

久志は、彼女の由紀を家に連れ込んでエッチしてたが、顔射したため由紀に怒られてしまう。その一部始終をみていた久志の母は、夫の単身赴任に耐えられずオナニーを。由紀に振られた久志に、母は「練習して上手になれば仲直りできる」と言って自分の体を差し出す。由紀よりも大きくて柔らかいオッパイを夢中になってしゃぶる久志。パンティを脱がさず、横にずらしてのクンニに母は背徳の快感を覚える。