家政婦と暮らす100の方法(14)

コミック

昔、泣いてばかりの女の子がいた。その時、俺は随分と馬鹿な事を言ったけど、でも泣き止んでほしかったんだ。そして今は僕の下で泣いている彼女は幸せそうだったんだ…